土地のこと

建築の契約においては、ほとんどの場合土地についての最終責任は建築主に帰することになります。(契約書約款等で、規定されています。)実際の諸手続きや安全に対する担保は建築業者が検討し提案を受けることがほとんどだと思いますが、あくまで、建築主の作業を代行しているにすぎません。 難しく考える必要はありませんが、これから建てようとしている土地に関心を持って、状況を理解していくことは建築主の責務とも言えます。
  • 隣地との境界について

  • 建物を自由に建てられない理由

  • 建物にとって良い土地

国土交通省認定二〇〇年住宅
案内役
サイト内検索
家づくりの心構え
萩森建設と家づくり
社長 萩森

地元に根付いて40年。 皆さんは家を「買って」いませんか? 家は「創る」ものだと考えています。 木の事はどうぞおまかせ下さい。

このページのTOPへ