だれの家づくりにも大切なこと

家づくりにはだれにとっても共通の大切なテーマがあります。地震に強い、省エネである、メンテナンス性が良いなどといった性能面や、もしもの場合の保証や保険、必要な部屋数や広さなどは、どんな家づくりでも考える必要があります。
  • 広さ・必要な部屋

  • 性能(強さ・省エネ・維持管理の容易さなど)

    主観に関係なく客観的な優劣がつけられやすい項目となります。例えば断熱材という素材を考えた場合、熱を伝えにくいという性能には、明らかな優劣がつけられます。同じように火事に強い断熱材、デザインに合わせやすい断熱材、調湿性能の高い断熱材、などといったそれぞれの性能には明らかな優劣をつけることが可能です。重視する視点さえ決まれば、その案件に適した断熱材自体の優劣も確定します。 ここでは、そういった客観的に優劣を判断していける項目について考えていきたいと思います。

    寒い日に考える?

    ローコストを目指す建物構造

    強い工法は強い建物とは限らない

    住宅で言う「構造」とは

  • 保証・保険

国土交通省認定二〇〇年住宅
案内役
サイト内検索
家づくりの心構え
萩森建設と家づくり
社長 萩森

地元に根付いて40年。 皆さんは家を「買って」いませんか? 家は「創る」ものだと考えています。 木の事はどうぞおまかせ下さい。

このページのTOPへ